スコットとお散歩
風もなく穏やかな休日の午前中。
スコットを連れて近くの公園に行きました。
今日はレッスンがないので、
スコットのペースでたっぷり付き合います。

scott
うれしそうな顔です。


落葉樹ばかりの公園なので、
すっかり視界が開けています。
scott


ガサガサと落ち葉のじゅうたんの上を歩くスコットです。
やわらかい落ち葉の感触。
乾いた落ち葉たちの音。
犬もこういう音や感触を楽しむのかしら?

この下に冬をやり過ごしている生命もいるのでしょうね。
scott

前からお父さんとやってきた4歳くらいの女の子が
「これあげる」と
ドングリをひとつくれました。


scott

なんだか心が温かくなった
冬のお散歩でした。

[2013/01/13 15:34 ] | 先生のフリータイム | コメント(0) | トラックバック(0)
謹賀新年
皆様にとって
この一年が
喜びに満ちた素晴らしい日々になりますように。
そして、
いつも音楽がそばにある幸せな時間がありますように。
 


*****************

すっかり、ブログ更新がおくれてしまって
申し訳ございません。

11月末に珍しく発熱。
すぐに熱は下がりましたが、
なかなか風邪がすっきりせず、
ブログ放置状態になっておりました。

ゆっくりですがUPしていきますので、
今後ともよろしくお願いいたします。


   
[2013/01/01 16:44 ] | 先生のフリータイム | コメント(0) | トラックバック(0)
ハッピーバースデー
9月14日は私の誕生日です。
20120914.jpg

先日、整体に行ったときに先生が
「自分の胸の感覚はあるけれど、
 背中の感覚は無い人が多い。
 それは、肉体と魂が一致していないから」
という話をしていました。

背中・・・
そういえば、
数日前の朝日新聞の天声人語に
「地球が丸いのを踏まえての話。
 自分の目で見て一番遠いのは?
 背中。
 地球一周4万キロかなたにあるから。
 自分の背中ほど見えにくいものが無い」
というはなしが出ていました。

確かに遠いですね。

そして、
子どもは親の顔色を「うかがう」けれど
親の背中は「黙って見る」とも書いてありました。

「40を過ぎたら顔に責任を持たねばならない」と
言ったのはリンカーンですが、
自分の背中にも責任を持ちたいものです。

目標にしたい後姿があれば、
人間は育つものなのかもしれません。

生徒さん達の目標になれる背中を持つ
指導者でありたいものです。

そんなことを考えながら1日過ごしていました。




[2012/09/15 21:30 ] | 先生のフリータイム | コメント(0) | トラックバック(0)
バースデーランチ
所沢バスティン研究会で一緒の
ふるる先生と私は同じ9月生まれなので、
2人で池袋のクルーズクルーズ
バースデーランチしに行きました。

地上210mからの眺め
022_20120907083217.jpg

ランチバイキングです。まず一皿目。
サラダと前菜と色々。
021_20120907083240.jpg

食べながら、
指導法の話、
家族の話、
自分の幼少期の話、
演奏のこと、
お料理のこと、

話は尽きません。

デザートもいっぱい。

023_20120907083257.jpg

帰りも一緒のレッドアローで帰ってきました。

たくさんおしゃべりして、
たくさんのヒントをもらって、
たくさんの勇気ももらいました。

気分もすっかり
リフレッシュ~です♪


[2012/09/07 08:38 ] | 先生のフリータイム | コメント(6) | トラックバック(0)
ニューイヤーコンサートと国際電話
元旦にテレビでウィーンからの生中継の
ウィーンフィルニューイヤーコンサート
見ていました。

時おり映る、ウィーン市内の様子を見ていて、
しばらくご無沙汰していたシュナイダー夫妻に
手紙を書こうと思いました。

ウィンナーワルツを聞きながら、
辞書を片手に書いていたのですが、
思い立って、FAXで送ることにしました。

原稿をセットして、
国際電話で国番号と相手の番号をダイヤル。
クリスティーナ叔母さんが出たのを確認してFAX送信ボタンを押します。
ところが送れずに切断。

2回目に電話をすると、
今度はウィルヘルムおじさんの声。
送信ボタンを押すと切断してしまいます。

3回目トライ。
また切断。

4回目・・・
またウィルヘルムおじさんの声。
思わず、受話器を取って、話しかけてしまいました。

久しぶりのドイツ語。
準備をしていなかったので、
「明けましておめでとう」と
「こちらはみんな元気」ということ
「FAXを送っているけれど、送れない」と話すのが精いっぱい。

おじさんはやさしい口調で、
「もう一度やってみて、受け取ってみるから」というので
一度電話を切って、もう一度かけなおし、
無事にFAXを送りました。

電話を切ってから、
ああ言えば良かった、
こんな話もすれば良かったと
頭の中をドイツ語がぐるぐるしてしまいました。

今年はドイツ語を、もう少し話せるように
勉強しなおそうかしらと思いました。

しばらくして、FAXのお返事がきました。

また、お手紙を書くことにします。


[2012/01/03 00:07 ] | 先生のフリータイム | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>