狛江ステップ
いよいよ、本番の日です。

今回は初めてのお話とのアンサンブル。
朗読してくださる方との合わせは前日の一回限りでしたが、
お話自体を良く知っているので、
それほど不安はありませんでした。

こじんまりとしたエプタザールには
美しい色のベーゼンドルファーが置かれていて、
音がやわらかで素敵でした。

息子は魚たちが大きなマグロに食べられてしまった後、
元気を取り戻す場面の曲が担当でした。

みなさん、お話の中に入り込んでその場面、場面をきれいに弾いていました。
スイミーに一緒に出られた方で、
ピアノを始めて1年という61歳の方がいらっしゃいました。
中学の先生を退職してから、ピアノを始めたそうで、
それはそれは楽しそうにしていらして、
そんな姿を見ていて、
勇気と感動をもらいました。

**********************

最後の部はトリオの室内楽。
出演者はみんな、指導者やピアニストばかりです。
松本あすかさんや鈴木啓三氏も出ていらっしゃいました。
ピティナでアドバイザーを務めていらっしゃる先生も弾いていらっしゃいました。

福田専務理事が聞きにいらしていて、
「こういう、指導者やアドバイザー、ピアニスト自らがステージに上るステップは珍しい」と
おっしゃっていましたが、本当に驚きました。

何よりも、みなさんが、音楽を楽しんでいる様子が
素敵だな~っと思いました。


スポンサーサイト



[2009/11/25 09:00 ] | ステップ | コメント(2) | トラックバック(0)
ミニレクチャーinステップ
日曜日のステップのリハーサルとミニレクチャーがありました。

今回のステップはバラエティ企画ばかりです。
通常の23ステップは土曜日にまとめ、
日曜日は、室内楽、松本あすかさんとのアンサンブル(ピアニカや連弾)
お話とのアンサンブル(スイミー)などなど・・・
その合間に、講座やミニレクチャーがあって、
まるで、2日間ら・フォルジュルネのようでした。

息子は「スイミー」のお話アンサンブルに出演しましたので、
前日のミニレクチャーは無料で受けられました。
(付き添いは500円)

「プロコフィエフのピーターと狼」のように
お話に作曲家が曲を作ったものではなく、
既製のお話に、既製の曲を当てはめていくと
イメージがどう膨らむかというレクチャーでした。

実際に、先生がお話とブルグミュラーの曲を合わせて弾いてくださったり、
クリスマスバージョンを見せてくださったりしましたが、
イメージを持って弾くこと、
イメージを持って聞くことで、
こんなにピアノの音楽が変わるんだと、
実感しました。



[2009/11/25 08:47 ] | ステップ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |