指導実技試験
指導者検定の中級の指導実技試験の結果が届きました。

合格!!  

指導実技は本部が手配した生徒さんに
15分レッスンをするものです。

私の担当は小4の女の子でした。
ステージに上がるまでどの子だか分らなかったけれど、
素直で、まっすぐ私の目を見て話を聞いてくれる生徒さん。
曲はロシアの作曲家のロマン期の小品。

15分間で何が出来るのか、
この生徒さんに何を伝えようか、
この生徒さんには何が必要なんだろう
何が優先なのだろうと
考えながら、レッスンしました。

金子勝子先生からの採点票に
「全体に工夫の見られるレッスンで
 とてもよかったです。
 今後もこの調子でがんばってください!
 きっと良い指導者としてますます発展なさることでしょう!
 レッスンの視点がとてもよかったです」

とかかれていて、嬉しく思いました。

ふだん、指導しているところを
人に評価されることがないので、
自分のレッスンがどうなのか、
他の人の目にどう映るのかと
思っていましたが、
勉強になりましたし、自信につながりました。

また、ひとつ階段を上がれました。
初級、中級の指導実技が受かったので、今度は上級。
だんだん段差が大きくなるような気がしますけれど、
まだまだ、がんばりますp(^^)q

スポンサーサイト



[2010/06/01 22:01 ] | 学び | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |