1000枚の講評メッセージ
昨日ライブだったという
松本あすか先生が
偶然、飯能に遊びに来ると言うので、
ピアノの企画の打ち合わせに
同席してもらいました。

一緒にホールを見たり、
話をしたりした中で、
あすか先生の
「ピティナを中心に1,000枚以上の講評・メッセージ
用紙を読んで成長できたことが自信になっている」
という話があり、印象的でした。


スポンサーサイト



[2010/07/24 06:36 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |