キエフ・クラシック・バレエ「シンデレラ」
近くの市民会館でバレエ公演があったので、
都合のついた小学生の生徒さん2人と一緒に観に行きました。

キエフ・クラシック・バレエの
シンデレラ詳しくはこちら→クリック

バレエを観るのは14年ぶり。
最後に見たのは森下洋子さんの「ロミオとジュリエット」

歩いて行ける市民会館で見られるのは嬉しい限り。

幕が上がって、王子様の舞踏会の場面が出たときは、
その豪華さと奥行きに感動しました。
これはTVではわからない大きさです。

筋が解かっているし、
子供向けに、幕前に司会のお姉さんが、あらすじを話してくれたり、
バレエのミニ知識を教えてくれたりで、
小学生の生徒さんたちも楽しかったようです。

継母役のアルテム・ダツィシン(男性)の表情豊かなキャラクターに笑い
シンデレラの美しいバレエに感動し、
楽しいひと時でした。

帰り道、おしゃべりしっぱなしの2人。
バレエ公演は初めてだったけれど、
良い体験ができたかなと思います。

また、行きたいですね。
スポンサーサイト



[2010/08/06 17:49 ] | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |