スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
説き語り音楽塾
土田京子先生の
  『説き語り音楽塾』  

行ってきました。

バッハの平均律第1巻と第2巻からそれぞれ22番のフーガの分析。

第一巻の5声のフーガの特徴、
第二巻の4ページに渡るフーガのおもしろさ、
塾生の方たちと、先生と
意見を言いながら、
「ああそうだったんだ」っと納得。
説けば解くほど、バッハってすごい!と感動してしまいます。

その後、現在弾いている
フォーレとリストの曲を
個人レッスンでアナリーゼをお願いしてあったので、
私だけ残って、引き続きレッスン。

ずっと訳が解からず弾いていた部分を
端からひも解いてもらい、
肉も骨もそぎ落として芯だけ残ったものを分析。

気がついたら、3時過ぎていて、
先生のご主人がまたまたお昼を作ってくれました。

juku1

しめサバのトマト茶漬け

冷たくて、口当たりが良く、
しめサバ大好きな私にはもうたまらなく美味しかった!

食べ終わってから、リストの分析
この音の行きつくところは?
この和音の中の倚音は?
調性は?
全体を見渡したり、細かいところを見たり、
そのうちに、謎が解けて、
まるで、長~い探偵ドラマの最後に、
名探偵がなぞ解きをして、
「犯人はあなただ」と
言うようなすっきり感。
そうしていくと、
練習方法が見えてくるのも収穫でした。

先生宅を出たのが4時。

6時間も
京子先生のところにおりました。

そうそう、バッハのアナリーゼの時に
先生宅にフーガを声部ごとに書いてある楽譜があり、
余分にあるからと譲ってもらいました。
juku3

せっかくだからと
先生にサインしてもらいました。

家宝にします(笑)

juku2

スポンサーサイト
[2011/06/28 22:39 ] | テキスト研究 | コメント(0) | トラックバック(0)
『Piano Salon @ EastCourt』
ママピアニストどらさんが
飯能近辺に住むピアノ好き♪な人たちとの
交流の場を作ろう!と

毎月一度、東飯能駅近くのフリースペースを借りて
お茶を飲みながら
普段練習してる曲を
弾いたり
交流したり
という誰でも参加できるサロンを始めました。

その第一回に遊びに行きました。

午前の部のレポです♪

*****************

まず。ピアノ弾ける人たちが
小犬のワルツや愛の夢など
一曲ずつ披露。

そして、『連弾で遊ぼうタイム』

ギロックのピアノピースコレクションから
普段なかなかできない
6手連弾「小さなすずめ」
6手だから3人ですが、
せっかくだからと
ピアノを弾けない陽子ママさんを入れて、
4人6手+1手????

簡単な曲だけれど、さすがギロック。
かわいくてきれい

そして、大人が4人で肩寄せ合って
あ~でもないこ~でもないと弾くのもまた楽し!

陽子ママさんがドリンクコーナーに行ってしまった後
残った3人で同じくギロックの
「オリエンタルバザール」を連弾初見大会。

普段、楽譜を見ても
一人で音にできない6手連弾は
こうやって弾くことができると
「あ~こういう曲だったの~」と解かるから助かります。
そして、パートを交代しながら弾くことで、
いろいろ発見も。

pianosalon
4手連弾もふつうは2人でやるけれど、
遊びで3人で・・・
上のパートを弾いているどらさんは
即興でオブリガート入れたり余裕(笑)
私とピアノの先生でもあるKママさんは
ありゃ?こりゃ?と時々叫びながらも
音楽についていくのが心地よくて、
楽しかった!



その後、即興の手ほどき(?)初心者編を
どらさんに教わって、
私と2人でアメージンググレースの即興連弾。
う~ん頭が固くてなかなか音が定まらない・・・


そして、最後にまた、
陽子ママさんを引っ張り出して、
春畑セロリさんの
「バッヘルベルのカノンか?」
4人で4手連弾。
一番下のパートが通奏低音なので、
陽子ママさんに記憶してもらい、
ひたすら繰り返して弾いてもらって、
上3パートはピアノ弾きが担当。

途中で「ゆ~きやこんこ」
「メリーさんの羊」
「からすの子」のメロディが混ざってくる
おもしろいカノン曲。

3回目で
やっと最後まで4人の気持ちがあったところで終了!


***********************

夕方の部はピアノを習ってる
子どもたちが来て弾いたそうです。
私はレッスンがあって行けなかったのですが・・・

一人何回か前に出て弾いたそうで、
緊張したり大人たちに誉めてもらったり。
たとえ、どんな場所でも
人前で弾くのって、良い勉強になりますよね。

■次回は7月29日(fri)
(毎月最終金曜日 )
①10:00~12:00
②16:00~18:00
③19:00~21:00 ※各回定員10名

■会場・フリースペース イーストコート
(東飯能駅 東口から徒歩3分)
〒357-0034 埼玉県飯能市東町14-13
Tel: 090-7233-8006
E-mail: eastcourt357@gmail.com
Hp:http://www.east-court.com
■参加費:1ドリンク(500円)+1コイン(500円)合計1,000円
  聴くだけの方はドリンク代500円~のみ

気軽に遊びに来てください。

次回は連弾楽譜いっぱい持っていこうっと。


[2011/06/26 07:48 ] | ピアノサロン | コメント(0) | トラックバック(0)
25年ぶりのアナリーゼ会
先日、偶然が重なって、
25年前のヤマハ音楽教室講師時代にお世話になっていた、
土田京子先生と連絡が取れ、
アナリーゼの会の見学に伺いました。

結婚、出産、子育てなどで、
音信不通になっていたのです。

先生のお宅に少し早く到着。
お互いに25年前の記憶をたどり、
今までの経過を
それはもう、ものすごい勢いで話しました(苦笑)

今日の課題は
バッハの平均律の第一巻と第二巻から
それぞれ変ロ長調の21番のフーガ

昔と変わらない口調の京子先生。

25年前に「音楽の仕掛け」のおもしろさを教えてくださったのも、
室内楽を体験させてくださったのも、
着物を着て歌舞伎に連れて行ってくださったのも、
私を落語好きにしたのも、
もとはこの先生に出会ったことがきっかけでした。

着物から、陶器などの焼き物なども含めて、
あらゆる芸術作品に触れるきっかけを作ってくれたのです。

「ホントに久しぶりの人が来たから、特別にね」と
先生のご主人(実は料理人)がランチを作ってくださいました。

rannti

リゾットとスープ
おいしかった。

家に帰ってきて、フーガを弾いてみて、
やっぱり、頭がすっきりすると
弾きやすいしおもしろいな~っと実感しました。

昨日は結婚24年目の記念日でした。
京子先生も披露宴にきてくださいました。

「回遊魚のように戻ってきたね」と
笑われました。

なんだか、不思議な御縁だと思います。

[2011/06/01 22:56 ] | 学び | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。