説き語り音楽塾
土田京子先生の
  『説き語り音楽塾』  

行ってきました。

バッハの平均律第1巻と第2巻からそれぞれ22番のフーガの分析。

第一巻の5声のフーガの特徴、
第二巻の4ページに渡るフーガのおもしろさ、
塾生の方たちと、先生と
意見を言いながら、
「ああそうだったんだ」っと納得。
説けば解くほど、バッハってすごい!と感動してしまいます。

その後、現在弾いている
フォーレとリストの曲を
個人レッスンでアナリーゼをお願いしてあったので、
私だけ残って、引き続きレッスン。

ずっと訳が解からず弾いていた部分を
端からひも解いてもらい、
肉も骨もそぎ落として芯だけ残ったものを分析。

気がついたら、3時過ぎていて、
先生のご主人がまたまたお昼を作ってくれました。

juku1

しめサバのトマト茶漬け

冷たくて、口当たりが良く、
しめサバ大好きな私にはもうたまらなく美味しかった!

食べ終わってから、リストの分析
この音の行きつくところは?
この和音の中の倚音は?
調性は?
全体を見渡したり、細かいところを見たり、
そのうちに、謎が解けて、
まるで、長~い探偵ドラマの最後に、
名探偵がなぞ解きをして、
「犯人はあなただ」と
言うようなすっきり感。
そうしていくと、
練習方法が見えてくるのも収穫でした。

先生宅を出たのが4時。

6時間も
京子先生のところにおりました。

そうそう、バッハのアナリーゼの時に
先生宅にフーガを声部ごとに書いてある楽譜があり、
余分にあるからと譲ってもらいました。
juku3

せっかくだからと
先生にサインしてもらいました。

家宝にします(笑)

juku2

スポンサーサイト



[2011/06/28 22:39 ] | テキスト研究 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |