ピアノの集い


つどい1

UPするのが遅くなりました。

多喜先生門下生発表会の
「ピアノの集い」に参加させていただきました。

息子と出演するのは2回目です。

息子はドビュッシーのボヘミア舞曲
私はリストのペトラルカのソネット104番

遠いところ友人の華&風ママさんが
ステキな花束とお菓子を持って駆けつけてくれました。



数日前から発熱していた息子は。
前日の夜は38度
当日の朝も37度5分
やめる?と聴いたのですが、年に一度しか会えない
門下生の男子メンバー
塾の先生のA氏、会計士のO氏、ピアニストの横山氏と鈴木氏に会いたくて
とにかく行く!というので、車で行きましたが・・・

弾くのが精いっぱい。
1部の間はなんとか会場にいましたが
「だめだ、つらい」と主人に送ってもらって先に帰りました。

私はというと・・・
前日の夜のリハーサルの時
会場が全然自分の考えている響きじゃなくて(@@;
ところが、当日、調律されたら、違ってた!
あせった!
止まりはしなかったけれど、
反省の残る演奏でした(泣)
自分の言いたいこともっとあったのに。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

この門下生発表会では、師匠から
演奏することと
コメントを書くことという指令があります。

1時に開演して15分の休憩2回挟んで8時過ぎまで
7時間の間55人分のコメントをひたすら書き続けます。

書くのは大変だけれど、
もらうととてもうれしいです。

特に、あすか先生やピアニストの鈴木氏、横山氏から
コメントもらえるなんてこと、めったにないですから。

終わって、お化粧直しをする暇もなく、写真撮影、
コメント回収、お花配り・・・

主人が息子を送って帰ってしまったので、
門下生のO島さんにお願いして
華&風ママからいただいたお花を持って、1枚だけとってもらいました。
つどい2

多喜先生が最後のごあいさつで

「3月の震災があり、
このような危機的な時代に
ピアノが弾ける環境にあることを感謝しましょう」という言葉が
心に残りました。


スポンサーサイト



[2011/10/27 00:06 ] | 学び | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |