スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
出会いと別れ
新学期始まりの季節。
出会いも別れもある時期ですね。

久しぶりに、庭の草むしりをしながら、
いろいろなことに思いを馳せました
単純作業って、考え事をするのに良いですね。

001_20130428115320.jpg
ガシガシ葉っぱをかんでいるスコットです。
一緒に草むしりを手伝ってくれました(笑)


 

私が園芸に興味を持ったのは、小学校の時。
夏休みのへちまを作ったところ素晴らしいものができて
(学校の先生に「買ってきたのか?」と疑われたくらい)
その成功体験があったからかしら・・・

それ以来、ありとあらゆる草花を育てました。
まだ、ガーデニングなんて言葉がなかったころのことです。

そのうちに、知らない花でも、
葉っぱや姿を見るだけで、
育て方がなんとなくわかるようになりました。

結婚して、流産して、一時ピアノから離れていたときは、
セントポーリアにのめりこみ、
100鉢を所有。
展覧会に出し、「トレイルのゆうこさん」と呼ばれるくらい、
トレイルを育てるのが得意でした。

008_20130428120718.jpg
スキューバダイバートレイル

そのうちにセントポーリアも
名札を見なくても、葉っぱを見ただけで、
品種名がわかり(若かったから記憶力良かった?)
触っただけで、そのお花が何を要求しているのか
わかるようになりました。

不思議なもので、
たくさん育てていると、
すばらしく育つもの、
私はこの子が大好きなのに、
何度育てても上手くいかないものが
出てきます。

そうして、たくさんのお花と出会い、
たくさんのお花と別れました。

生徒さんたちも同じです。
内側にかわいい種を持った子どもたち。
すくすく育って大きな花を咲かせる子も、
試行錯誤して、小さいけれどたくさんのつぼみを付ける子も
いろいろです。

ピアノ教室は
5月から新学期です。
新入会してきた生徒さん。
どんな種を持っていて、
どんなお花が咲くのかしら
いままで育ててきた生徒さんたちは
今年はどんな風に育つのかしらと
楽しみに思いながら、
草むしりをしていました。
003_20130428115322.jpg
スコットが飽きてしまったようなので、
そろそろお家に入りましょうか・・・
ああ、まだ草がいっぱい(--;


今年の新入りさん。
レモンスライスです
007_20130428115911.jpg
  
[2013/04/28 12:08 ] | 先生のフリータイム | コメント(0) | トラックバック(0)
<<春のクラスコンサート レポNo2 | ホーム | 春のクラスコンサートレポNo1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://allemande08.blog95.fc2.com/tb.php/241-1c829129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。